ガールズバーでは会話が苦手な人でも接客できるのか

ガールズバーではトークが苦手な人でも仕事は務まるのか。 - トークが苦手な人でもガールズバーの店員はできる

トークが苦手な人でもガールズバーの店員はできる

ガールズバーのお仕事は、お酒を提供する事よりもお客さんと話をするという事が特に大事なことです。
だから、或る程度はトーク力などが求められますし、社交性の高さというのもある種必要なスキルの一つとして数えられます。
しかし、ガールズバーのお仕事に興味はあるけどちょっと人見知りで知らない人と上手く話す事が出来ないというのも実は売りになる場合があるんですね。

ガールズバーの店員で人見知りが武器になる場合

それは、ずばりそのたどたどしさや初々しさという物が結構可愛がられる事も多いんです。
しかし、それはあくまでも愛想よくしながら一生懸命頑張っているからこそです。
だから、ガールズバーでお仕事をする際に自分はあまりトーク力に自信がないという場合はとにかく不慣れであっても一生懸命に努力しなお且つ愛想よく笑顔でお客に対して振る舞うという事が大事なんですね。
小慣れた感じよりも、程よく緊張しつつちょっと不器用な雰囲気というのも喜ばれる事はあるんです。

初心者や新人が好きな人もいる

ガールズバーに通っている人の中には、慣れたトークの上手な店員よりも入ったばかりで未経験者っぷりがよく出て居るような上手く話せない子を好きだというタイプの人も結構多いのです。
実際、ガールズバーの店員で新人の子が居るたびに接客をしてもらうというような人も結構いるのです。
実際、ガールズバーのお仕事というのは意外と最初からトーク上手な子ばかりが入っているわけではありませんからね。
最初はあまり得意ではなかったとしても、ガールズバーの仕事を続けることによってトークになれて来て上手になるという人も結構います。
だから、苦手でもどんどん良くなっていく、そういう成長を見る人が好きな人も多いのです。
昨今では、ナイトワークの数も非常に増えて来ており女性の高収入業種という物も社会的に知名度が高くなってきましたね。
その中でも、非常にライトで働きやすいお仕事と言えばガールズバーが挙げられると思います。
ガールズバーは、キャバクラのような接待業とは違い普通の飲食店のようにカウンター越しでの接客をするという形しか取りませんので距離感を程よく取ることができるし、何より長時間トークをしなくてはいけないということもないので比較的簡単なのです。

ハードルが低いのもガールズバーの特徴

wqets
ガールズバーは、ナイトワークの中でもサービス料金が非常に手ごろなんですね。
かかるお金も精々半分いかないかぐらいが相場になっていますので、客層なども非常に幅広い上にかかるお金もそれほどではないことから接客のハードルも非常に低いんですね。
キャバクラのようなお店となると、接客レベルもかなりプロ意識を求められることが多いし、何より人気商売ですから接客の質が結局のところ給料に関わって来るんです。

ハードルが低くても油断は禁物

確かに、キャバクラ程のプロ意識を持って接客をする必要はないのですがだからと言って適当な接客をしてもいいというわけではありません。
あくまで、お酒のお酌をしたりずっとお客さんと会話の相手をしたりタバコの火をつけてあげたりするような、上級な接客をしなくていいというだけであって、ガールズバー自体は普通の飲食店に比べるとやや接客レベルの高さを求められこそします。
最低限、お客さんに対して不愉快な思いをさせないような気遣いをしなくてはいけません。
あくまで、普通の飲食店のサービスよりもある程度愛想よくしなくてはいけないということはあります。

ガールズバー会話