ガールズバーでは会話が苦手な人でも接客できるのか

ガールズバーではトークが苦手な人でも仕事は務まるのか。 - 年齢層によって会話を使い分ける

年齢層によって会話を使い分ける

ガールズバーのお仕事をする上では、とにかくお客の層が非常に広いという事を良く知っていなくてはいけません。
何故、そういう風な事を知っていなくてはいけないのかというと、ガールズバーの仕事をする上ではどんな会話をするのかという事や、どんな接客をするのかという事は勿論、どんな客層の相手をしなくてはいけないのかという事がとても大事だからです。

■客層によって接客のやり方を変える
お客さんによって態度を変えるのはよくありませんが、接客の際に振る会話の内容などは上手に変えていく必要があります。
20代のまだ若い男性客と、もう40代くらいの男性客とでは盛り上がる会話の内容も全然違うでしょうし、興味のある話題もまた違いますからね。
だから、幅広い年齢層の客層に対する接客技術というものを上手に使い分けなくてはいけないのです。
この年齢層の人であればこういう話題が喜ばれる、という大まかな使い分けテクニックなどを自分なりに持っておくと接客の時の話題選びや会話の持って生き方なども多少はスムーズになるかと思います。

■極端な会話の用意はそれほど必要はない
あくまで、幅広い年齢層の人に対する接客の会話内容の使い分けというのはあまり本格的というか極端なものを用意しなくても大丈夫です。
というのも、そもそもガールズバーに来るようなお客さんというのは若い女性と会話をするのが目的で来ていますからね。
多少なりとも、ジェネレーションギャップを感じるような会話というものは覚悟しているというか、準備してきているでしょうから基本的には趣味の話の最近の話なんかをするだけでもいいのです。
ただ、そういった年齢層の使い分けは会話に詰まったときなんかには強い味方になると思います。

ガールズバー会話